author avatar
  サポートマネージャー  

概要

動画サイズが大きいと、再生速度と転送速度が遅くなり、動画共有サイトでのサイズ標準でアップロードできないこともあります。この記事は、無劣化に動画サイズを小さくするため、解像度・フレームレート・ビットレートを低く抑える、動画形式の変換、動画の不要な部分を切り取る・削除する3つの方法を説明します。



動画ファイルサイズ

一、解像度・フレームレート・ビットレートの調整

ビデオのサイズは、解像度・フレームレートなどのポイントと密接な関係を持ってています。動画サイズを縮小したい場合は、まず解像度を抑えてみましょう。たとえば、解像度1920 * 1080を1280 * 720以下に変更します。
ビデオファイルのプロパティ
解像度を変更しても、まだ希望の動画サイズに変更していない場合は、フレームレートとビットレートを低く抑えることによってビデオサイズを小さくすることができます。
フレームレートの変更範囲は24〜30fps、ビットレートは1400〜2000kbpsの間で変更することをお勧めします。低すぎると動きの滑らかさや画面とオーディオの品質に影響を与えて、視聴感が悪くなります。

解像度・フレームレート・ビットレートを低く抑える方法

Renee Video Editor Proは多機能の動画編集ソフトであり、解像度・フレームレート・ビットレートなどの要素を簡単に調整でき、動画結合、回転、カット、特効、字幕の追加などいろいろな編集もできます。

Renee Video Editor Pro - 動画キャプチャ・編集ソフト

使いやすい初心者でも楽に使えます。

無料無料体験することができます。

日本語対応インターフェースは日本語化されている。

豊かな機能動画キャプチャ、動画カット、動画結合、透かし追加、音楽追加、字幕追加など、さまざまな機能が搭載。

強力MP4 、flv 、MOV 、 AVI 、 WMVなど各形式動画に対応。Windows 10 、8.1、8、7、Vista、XP等環境対応。

無料無料体験することができます。

豊かな機能動画キャプチャ、動画カット、結合、透かし追加、音楽追...

強力MP4 、flv 、MOV 、 AVI 、 WMVなど各形...

無料体験無料体験 800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
① Renee Video Editor Pro を開き、「Video Toolbox(動画編集ボックス)」を選択します。
動画編集機能
②「ファイルを追加」をクリックし、ビデオを選択します。
ファイル追加
③ 「出力設定」をクリックします。
出力設定
④ サイズのプルダウンメニューに、サイズを選択します。サイズをカスタマイズすることも可能。
「出力設定」に「サイズ」を選択します。解像度を選択できます。
⑤ フレームレートのプルダウンメニューに、フレームレートを選択します。フレームレートをカスタマイズすることも可能。
フレームレート
⑥ ビットレートのプルダウンメニューに、ビットレートを選択します。ビットレートをカスタマイズすることも可能。
ビットレート
⑦ 「OK」をクリックして編集内容を保存します。「出力形式」と「出力先」を指定します。「開始」ボタンをクリックして、保存し始めます。
「出力形式」MP4を選択し、「参照」をクリックして「出力先」を指定します。
動画の解像度・フレームレート・ビットレートなどの情報を確認する方法:ファイルを右クリックして「プロパティ」をクリックし、「詳細」に情報があります。

二、動画形式の変換

一般的に使用されるビデオフォーマットには、AVI・WMA・RMVB・MP4・MKVなどがあります。その中で、MP4は一番汎用性高いHDビデオフォーマットですが、Facebookや他のビデオ共有Webサイトにアップロードする場合、解像度とフレームレートに制限がある場合があります。制限がある場合は、上記の方法でMP4ビデオの解像度とフレームレートを変更できます。
形式変換
AVIは多くのコーデックに対応だが、動画サイズが大きすぎるため圧縮が難しいデメリットがあります。動画品質を損なうことなくサイズを小さくするため、FLV・WMV・MP4などの形式に変換する方法をすすめます。

動画形式を変換する方法

プロの動画キャプチャ・編集ソフトRenee Video Editor Proは動画フィルー形式を変換することができます。なお、動画編集機能もあります。動画を結合したり、動画形式を変換したり、動画をカットしたり、クロップしたり、透かし・ロゴを追加したり、字幕を追加したり、透かしを消去したりするなどの動画編集機能もあります。

Windows版ダウンロード

① Renee Video Editor Pro を開き、「Video Toolbox(動画編集ボックス)」を選択します。
動画編集機能
②「ファイルを追加」をクリックし、ビデオを選択します。
ファイル追加
③ 「出力形式」と「出力先」を指定します。「開始」ボタンをクリックして、保存し始めます。
「出力形式」MP4を選択し、「参照」をクリックして「出力先」を指定します。

三、動画の不要な部分を切り取る

上の方法で予想されるサイズに達していない場合は、プロの動画編集ソフトウェアを使用して、動画の不要な部分を切り取る・削除することをすすめます。これで動画のサイズをできる限り大幅に小さくすることはできます。
ビデオ編集カット

動画の不要な部分を切り取る・削除する方法

プロの動画キャプチャ・編集ソフトRenee Video Editor Proはスクリーンを録画して保存することができます。なお、動画編集機能もあります。動画を結合したり、動画形式を変換したり、動画をカットしたり、クロップしたり、透かし・ロゴを追加したり、字幕を追加したり、透かしを消去したりするなどの動画編集機能もあります。

① Renee Video Editor Pro を開き、「Video Toolbox(動画編集ボックス)」を選択します。
動画編集機能
②「ファイルを追加」をクリックし、ビデオを選択します。
ファイル追加
② 開始点と終了点をを指定し、カット範囲を決めます。再生スピードの調整もできます。
開始点と終了点をを指定し、カット範囲を決めます。
③ 四角い枠をドラッグしたまま保留したい範囲を指定します。
赤線範囲を調整して、キープしたい部分を切り取ります。
④ 「OK」をクリックして編集内容を保存します。ホームページに辿り、「出力形式」と「出力先」を指定します。「開始」ボタンをクリックして、保存し始めます。
「出力形式」MP4を選択し、「参照」をクリックして「出力先」を指定します。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...