author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

インターネット時代の発展と共に、日常生活をビデオで記録し、それをサイト上で共有することを好む人が増えています。動画作成には動画編集向けのPCは必要です。動画編集するなら、どういうデスクトップやノートパソコンはいいでしょうか?次にその選び方を紹介します。



動画編集用パソコン

動画編集用パソコンの選び方

1、CPU

CPUとはCentral Processing Unitのことで直訳すると中央演算処理装置となる。これは人間の脳の部分に当たり、パソコンの性質上とても重要な役割を果たす。動画をサクサク編集するためには、CPUのコア数と定格クロック数が重要との検証結果が出ています。CPUはパソコンの脳みそみたいなもので、ここでしっかり良い物を使っていないと、他にお金をかけてもあまり意味がありません。
CPU
一般的に、CPUのコア数・スレッド数が多いほど、動画編集時の処理速度が向上します。動画編集におけるパソコンの動作速度は、ほぼCPUの性能で決まります。YouTubeのほとんどの動画の最高画質は1080p(2k、フルHD)ですが、これによると動画編集にはIntelのCore i5以上のものをお勧めしています。

2、ストレージ容量

CPUに続き、動画編集で大切な部品となるのがストレージです。ストレージは、動画の素材データの読み込みやデータ編集など保存されているものを使う作業スピードに大きく影響します。SSD・HDDを搭載することで対応できます。
ストレージ容量
予算に余裕ある場合、ストレージは読み込み速度の速いSSDをお勧めします。 SSDは、複雑なビデオを編集および再生するときにHDDよりはるかに高いパフォーマンスを提供するためです。 SSDの購入についてもっと知りたい場合は、ここをクリックしてください。

3、メモリ容量

動画編集に必要とするにメモリ容量は大切です。メモリを選ぶにはご使用場合によりるものです。1080P動画編集で8GBは最低限です。4K動画編集になると最低でも16GB、できれば32GB欲しいところです。

4、グラフィックカード

簡単な動画編集には、新世代プロセッサは十分対応できです。つまり、簡単なビデオを編集するに、ハイエンドGPUを必要としないとのことです。 高解像度のビデオを編集する、または3Dモデリングの場合は、ハイエンドGPUが必要になります。
ハイエンドGPUは高速で安定性を持っています。3Dモデリング制作中に、クラッシュの状況発生率は低くなります。
ビデオチップ

5、ディスプレイ解像度

動画を再生・編集する前に画面解像度を決めておく必要があります。PC解像度が足りず、動画の再生・編集にはボヤけて見えたりなど結果になることがあります。
画面解像度
たとえば、解像度1920 * 1080のPCで1080Pビデオを再生・編集するのがお薦めのです。 解像度1280 * 720のPCで1080Pビデオを再生・編集すると、ビデオがぼやけて見えます。

動画編集におすすめのパソコン

1、デスクトップパソコン

製品

レノボIdea Centre 520-AAST

Apple iMac(2017)

Dell XPS 27 AIO

OSWindowsMac OSWindows
CPUインテルCore i7-4415UインテルCore i5-4440SインテルCore i7-7700
クロック数2.2 GHz2.3 GHz3.6 GHz
RAM(メモリ容量)8 GB16 GB32 GB
ストレージ容量1 TB1 TB2 TB
画面解像度1920*10804096*23043840*2160
液晶サイズ23.8 インチ21.5 インチ27 インチ

2、ノートパソコン

製品

Dell XPS 13

レノボ ThinkPad P1

Apple MacBook Pro

OSWindowsWindowsMac OS
CPUインテルCore i7-8550Uインテル Xeon E-2176MインテルCore i9-8950HK
クロック数1.8 GHz2.7 GHz2.9 GHz
RAM(メモリ容量)8 GB32 GB32 GB
ストレージ容量256 GB2 TB2 TB
画面解像度1920*10803840*21602880*1800
液晶サイズ13.3 インチ15.6 インチ15.6 インチ
次は動画編集ソフトをすすめます。

パソコンで動画編集するには?

Renee Video Editor Pro - 動画キャプチャ・編集ソフト

使いやすい初心者でも楽に使えます。

無料無料体験することができます。

日本語対応インターフェースは日本語化されている。

豊かな機能動画キャプチャ、動画カット、動画結合、透かし追加、音楽追加、字幕追加など、さまざまな機能が搭載。

強力MP4 、flv 、MOV 、 AVI 、 WMVなど各形式動画に対応。Windows 10 、8.1、8、7、Vista、XP等環境対応。

無料無料体験することができます。

豊かな機能動画キャプチャ、動画カット、結合、透かし追加、音楽追...

強力MP4 、flv 、MOV 、 AVI 、 WMVなど各形...

無料体験無料体験 800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
① 動画カット。開始点と終了点を設定し、動画を切り取ることができます。
カット機能
② 回転とクロップ。動画を回転したり、動画の余白や黒帯をカットしたり、画面サイズを変更したりすることが可能です。
回転とクロップ
③ 透かし。テキスト・画像・動画の透かしを追加したり、元のロゴ・透かしなどを消去したりすることが可能。
透かし追加
④ 特効。動画にフィルタ効果を追加したり、ズームイン、ズームアウトなどの効果を追加したりすることが可能。
特効追加
⑤ 音楽。動画の音声を消したり、新しいバックグラウンドミュージックを追加したりすることが可能。
BGM追加
⑥ 字幕。動画に任意の位置で字幕を追加することが可能です。
字幕追加
⑦ オープニング/エンディング。MP4動画に特別なオープニング/エンディングを追加することが可能です。
オープニング/エンディング
⑩ 多数の動画を結合したい場合、「全てのファイルを一つに結合」という機能利用できます。
全てのファイルを一つに結合
⑪ 「出力形式」と「出力先」を指定します。「開始」ボタンをクリックして、保存し始めます。
「出力形式」MP4を選択し、「参照」をクリックして「出力先」を指定します。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...