author avatar
  サポートマネージャー  

概要

CDAは、CDオーディオトラックのファイル形式です。CDプレーヤーでCDを再生するだけでなく、CDのオーディオトラックを抽出し、他のオーディオ形式に変換して、音楽プレーヤーで再生することもできます。この記事は、CDAフォーマットのオーディオファイルをMP3フォーマットに変換する方法を紹介します。



一、CDAとMP3
CDAは、音楽CDのファイル形式です。CDAオーディオファイルは、実際には単なるインデックス情報(オーディオトラックを抽出するときに機能し、サウンド情報を含まない)であるため、CD内の音楽の長さはファイルのサイズとは無関係です。CDA形式のオーディオファイルのサイズは44バイトです。CDAのオーディオ形式はほぼロスレスであり、原音との音処理上の違いはないと言えますが、CDプレーヤーでしか再生できないという制限があります。

MP3はMPEG-3の略で、デジタルオーディオエンコーディングおよび非可逆圧縮形式で、オーディオデータの量を大幅に減らし、元のファイルにほとんど影響しない一部のデータを破棄して、小さなファイルに圧縮する目的を達成します。ファイルサイズを減らし、多くのプレーヤーがMP3形式のオーディオファイルをサポートします。

簡単に言えば、CDA形式のファイルは特定のデバイスでのみ再生でき、再生のためにハードディスクに直接コピーすることはできません。同時に、MP3オーディオ形式をサポートする多くのプレーヤーがあるため、CDA形式のオーディオファイルをMP3形式に変換してから再生することを選択できます。 CDAオーディオファイルを抽出してMP3に変換する3つの方法を次に示します。

二、CDAをMP3に変換する方法
光学ドライブ以外のデバイスでCDA形式のファイルを再生することは不可能ですが、他のプレーヤーにデータエンコーディングを適合させるためにフォーマット変換し、他のプレーヤーで読み取ることができます。

1.Renee Audio ToolsでCDAをMP3に変換

Renee Audio Toolsは、CDオーディオトラックの取り込みに加えて、オーディオ形式の変換、オーディオ編集、その他の操作も実行できます。
Renee Audio Tools - 音声録音・編集フリーソフト音声録音・編集ソフトRenee Audio Tools

多機能 トリミング、カット、録音、結合、形式変換、動画から音声抽出、ID3タグ編集、iTunesに転送、CDの音楽取出し、CDに焼く、特効追加等機能ある。

無料 フリーで全機能利用可能!(非商用のみ)

強力 MP3 , M4A , WAV , ACC 等各形式音声ファイル対応。Windows 10 , 8.1 , 8 , 7 , Vista , XP対応。

操作容易 操作が直感的にわかりやすい。初心者も簡単に利用可能。

日本語対応 インターフェースは日本語化されている。

多機能 音声録音・編集可能。

無料で強力 多数形式対応。

操作容易 初心者も簡単に利用可能。

無料体験無料体験 65206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1.CDをCDドライブに挿入し、Renee Audio Toolsを開き、「CDリッパー」機能をクリックします。

CDリッパー機能

2.CDリッパーインターフェイスで、「ファイルを追加」ボタンをクリックすると、対応するCDデバイスが表示され、選択します。

ファイルを追加

3.CDの音楽を全部取り込み、画面に表示されます。保存したい音楽にチェックを入れて、出力形式にMP3を指定し、「開始」ボタンをクリックします。

CDAからMP3に変換

2.Windows Media PlayerでCDAをMP3に変換

Windows Media Playerは「WMP」と略され、Microsoft Corporationが開発した無料のメディアプレーヤーで、「WMPlayer」とも呼ばれます。 これは、Windowsオペレーティングシステムに組み込まれているソフトウェアです。 WMPは、MP3、WMA、WAV、およびその他の形式のビデオファイルを再生でき、CDからオーディオトラックを取得し、それらをハードディスクにコピーしてCDに書き込むことができます。

1.コンピュータで「Windows Media Player」を実行し、「ツール」-「オプション」の順にクリックします。

ツール‐オプション

2.「音楽の取り込み」タブをクリックし、「取り込んだ音楽を保存する場所」、「形式」、「音質」を設定します。

音楽の取り込み

3.CDをドライブに挿入し、取り込みたい音楽にチェックを付けて、「CDの取り込み」ボタンをクリックします。

3.iTunesでCDAをMP3に変換

iTunesはアップルが所有するマルチメディアプレーヤーで、アップルのスマートデバイスでオーディオやビデオを再生したり、CDの音楽ファイルを抽出して変換したりできます。

1. iTunesをダウンロードして開きます。

2.最初にインポート方法をリセットします。メニューバーで、「編集」>「環境設定」の順に選択します。「一般」タブで、「インポート方法」の横のメニューをクリックし、「MP3エンコード」を選択します。

MP3エンコード

3.CDを物理光学ドライブに挿入し、iTunesの左上にある丸いディスクをクリックすると、CDページが開き、変換する必要のあるオーディオファイルを選択して、「ファイル」>「変換」の順に選択し、「MP3バージョンを作成」を選択します。

CDアイコンをクリック

iTunesでmp3に変換

三、まとめ
CDA形式のファイルには、CD内の音楽ファイルのサウンド情報は含まれず、インデックス情報としてのみ存在するため、ハードディスクに直接コピーして再生することはできません。 CDA形式のオーディオファイルを他のデバイスで再生する場合は、CDから抽出し、オーディオ編集ソフトウェアで、他のデバイスで読み取れるオーディオファイル形式(MP3など)に変換する必要があります。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...