author avatar
  サポートマネージャー  

概要

撮影初心者にとって、画面比率(アスペクト比)は基本の知識です。 よく利用される縦横比は4:3と16:9があります。違いは何ですか?写真や動画を撮るときに4:3と16:9のどちらを選ぶべきか?4:3と16:9の変換は可能でしょうか?この記事はこれらについて詳しく説明します。



過去10年間で、テレビ画面の大きさがどんどん広くなっていることに気づいたかもしれません。ディスプレイの画面比率の変化とともに、デジタルカメラにも、アスペクト比4:3から16:9へ変わっています。それに伴って、動画のアスペクトは、過去の4:3から、現在の16:9に変わりました。

一、アスペクト比4:3または16:9とは?

アスペクト比は、画像の幅と高さの関係を表し、写真撮影における重要な要素です。縦横比の選択と、構図・撮影方法、および写真のサイズは、切っても切れない関係です。

以前のカメラではアスペクト比が1つしかありませんでした。今デジタルカメラでは正方形、長方形、パノラマなど、複数のアスペクト比を提供しています。主流となっているアスペクト比は4:3と16:9です。

①  4:3

小型カメラやスマートフォンなどイメージセンサーのデバイスに用いられる。通常のデジタル一眼レフカメラより体積がコンパクトで、サイズや重量が大幅に軽減されています。

アスペクト比4:3の画像
元々映画の規格で、その後テレビや最初のコンピュータ画面になりましたが、次第に16:9に置き換えられます。16:9が普及した動画の画面比率となりました。
②  16:9

16:9は幅が広いため、他のアスペクト比よりも広い範囲を占めています。そのため、パノラマビューを撮ったときに16:9を選んで撮影する人が多いです。

アスペクト比16:9の画像
2000年後半には、アスペクト比16:9は人気が急上昇、現在はテレビやオンラインコンテンツの標準比となっています。ほとんどのHDムービーはアスペクト比が16:9です。コンピューターモニターには今も16:9の縦横比を採用しています。
構図はどんな写真でも重要です、大切な情報を伝えたり、印象に残る写真に欠かせません。ショットする前にアスペクト比を調整する必要があります。

二、4:3または16:9、どれを選ぶべき?

初心者の場合、写真や動画を撮るときにどのようにアスペクト比を選びますか?それはお持ちのカメラ・写真の種類によるものです。
①  推奨アスペクト比 – 写真

アスペクト比4:3は、写真の中でより多くの情報を取り込むため、静止画撮影ではよく用いられる比率です。 16:9で撮影すると、上下のはキャプチャできなくなります。下の図のように、緑色の領域は4:3で撮影された画面で、赤色の領域は16:9の割合で撮影画像です。

緑色の領域は4:3、赤色の領域は16:9
通常の写真を撮りたいなら4:3で、パノラマ写真を撮りたいなら16:9をお勧めします。
②  推奨アスペクト比 – 動画

ドキュメンタリー・広告・映像などSFX不重要の動画に対してアスペクト比が16:9のほうを。今コンピュータのモニタは基本的に16:9の比率なので、比率16:9の動画はコンピュータで再生しても黒ベタを残すことはありません。特にYouTubeやYoukuなどの動画サイトに動画をアップロードする場合は、動画の縦横比を16:9にすることをお勧めします。

16:9の解像度ではない動画を撮影している場合、どのように変換しますか?Renee Video Editor Proで編集することをお勧めします。

三、画面比率を変換するには?

動画画面比率の変換は2つの方法あります。1つは動画を比例でスケーリングすること、もう1つは動画解像度の比率を調整することです。
プロの動画編集ソフトRenee Video Editor Proは動画から透かし/ロゴ/字幕の追加・削除、結合、カット、エフェクト、フィルター、BGM追加など様々な動画編集機能を利用可能。画質の損失なしで素晴らしい動画に仕上がります。
Renee Video Editor Pro - 動画キャプチャ・編集ソフト動画キャプチャ・編集ソフトRenee Video Editor Pro

使いやすい初心者でも楽に使えます。

無料無料体験することができます。

日本語対応インターフェースは日本語化されている。

豊かな機能動画キャプチャ、動画カット、動画結合、透かし追加、音楽追加、字幕追加など、さまざまな機能が搭載。

強力MP4 、flv 、MOV 、 AVI 、 WMVなど各形式動画に対応。Windows 10 、8.1、8、7、Vista、XP等環境対応。

無料無料体験することができます。

豊かな機能動画キャプチャ、動画カット、結合、透かし追加、音楽追...

強力MP4 、flv 、MOV 、 AVI 、 WMVなど各形...

無料体験無料体験 800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

方法一:動画画面を拡大縮小する

動画を4:3または16:9にトリミングするには、動画を固定比率でトリミングしますが、この方法を使用すると動画の一部が切り取られます。

①  ソフトを起動し、「動画編集ボックス」機能を選択します。
動画編集機能
②  「ファイルを追加」ボタンをクリックし、動画ファイルを選択します。
ファイル追加
③  「回転とクロップ」を選択して、割合で4:3または16:9を選択します。編集終了なら「OK」ボタンをクリックして設定を保存し、ホームページに戻ります。
割合には16:9を選択します
好きな範囲を選択して、クロップしたりすることも可能です。
赤線範囲を調整して、キープしたい部分を切り取ります。

方法二:動画の解像度を調整する

動画の解像度を上げ、動画に黒帯を追加して動画の比率を変更します。動画が削除されたり変形したりすることはありません。

①  ソフトを起動し、「動画編集ボックス」機能を選択します。
動画編集機能
②  「出力設定」をクリックします。
出力設定
③  「サイズ」で、「カスタマイズ」を選択します。16:9また4:3でのサイズ(解像度)に詳しくない場合、次の記事を参照してください。

関連通常の画面縦横比

アスペクト比4:3へ変換したい場合、カスタマイズでそれなりの比率を設定します。
4:3
アスペクト比16:9へ変換したい場合、カスタマイズでそれなりの比率を設定します。
16:9
「開始」をクリックすると、変換し始めます。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...